ca-ko

野口悦士さんの器

野口悦士さんの器

 

野口悦士さん

お会いした時の第一印象は、やわらかな笑顔。

こちらの心を一気に開いてしまう。不思議な不思議な印象でした。

もしかしたら、

野口さんご自身が、ありのままで向き合ってくださるから、自然とこちらもそうなれる。

そんな風に思いながら、野口さんの作品を拝見してきました。

 

「どうだ!」という主張はしていないのに、土そのものの力を感じる器。

野口さんにお話を伺った際、「 それぞれ土の個性を生かす様に向き合っています。」とのこと。

展示会で並んでいた作品も、作陶した場所・土によって、形や風合いも様々。

だけど、

手に取ると、どれも野口さんの作品だな〜。と感じます。

そして、野口さんの作品は、器だけでも存在感を感じるのですが、

花や食の器としても、取り合わせ易いところも魅力的だと感じます。

現在は、鹿児島県で作陶なされているとのことです。

年内、デンマークでの活動など、世界的に活躍されている野口さん。

これからの作品も、とても楽しみです。