第8回 躍動する現代作家展 at福岡アジア美術館<参加展示>

第8回 躍動する現代作家展 at福岡アジア美術館<参加展示>

2021年4月1日(木)〜4月6日(火)
会場:リバレインセンタービル7階 企画ギャラリーA・B・C(福岡市博多区下川端町3-1)

主催:空間芸術TORAM  

出展タイトル「共に在る」

COVID-19によるパンデミックの中、
植物は何も起こらなかったかのように動いていました。
「葛」という植物から糸を作ることで、何か発見があるように思いとりくみました。

2020
COVID-19によるパンデミックの中、
植物は何も起こらなかったかのように動いていました。
植物、動物、人間、ウイルス..。
生命のサイクルの中で、それらはさまざまな形でつながっていると感じています。
共存する方法は?

全国に自生する「葛」という植物。
気にとめて歩いていると、川岸や建物のフェンス、道路脇など様々な所で出会います。
春先に新芽を伸ばし、夏の間凄まじい勢いで成長します。
普段目にする「葛」の姿は雑草としてのイメージが強いのですが、
古来から、根は土の保持剤として、日本食の原料や薬として使ってきました。葉は家畜の飼料として使用されます。葛は編み物で、かごや縄の代わりに使われます。
また、葛を微生物の力で発酵させた後、繊維を取り出して布を織るとともに、葛をさまざまな形で日常生活に取り入れています。

この「葛」という植物から糸を作ることで、何か発見があるように思いチャレンジしてみました。

この糸作りは、
葛蔓を採取後、窯で茹で、薄で作った室の中で発酵させます。
発酵のタイミングを確認し、ちょうど良い状態になったら取り出し、川で洗い作業を行い、糸を抽出します。

作業する前に思っていたこと。
葛を刈るのは簡単です。発酵中は何もしません。葛をたくさん刈れば、たくさんの糸が作れると思いました。その上、原材料は無料…

しかし、作業を行ってみて感じたことは違いました。

発酵させるためには発酵させる分だけススキが必要です。
たくさんのツルを発酵させようと思えば、必死になってススキを刈り続けないといけません。
また、発酵したクズのツルは途中で待ってはくれません。
その日が来れば、すべての洗い作業を終えないと、
洗えなかったものは、全てただのゴミとなります。
この作業はすべて手作業で、時間と体力、気力の勝負です。
その日は天気を見ながらどれだけ働けるかを考えて、葛を刈るのが大事だと感じました。

「ちょうどいい量」
人が自然な流れの中で働くことができる量。

必要な分をありがたく頂戴する。
そのことが、共存ということへのヒントとなるように感じました。

植物達は、そのことを知っていると感じました。

< long vr. >